「チェルノブイリ子ども基金」顧問
「未来の福島こども基金」代表

黒部信一先生講演会

” チェルノブイリ と 福島 と わたしの子 ”

 

黒部信一先生プロフィール
 総合小児科医で、家庭医でする心療内科医。病気の原因は環境に適応できないときになるという理論をもつ。
 1991年4月、フォトジャーナリスト広河隆一さんと「チェルノブイリ子ども基金」を設立し、現在も甲状腺ガン・白血病・脳腫瘍などの病気に苦しむチェルノブイリの子どもたちのために、様々な救援活動を行なっている。
 東京電力福島原発事故後、「未来の福島こども基金」を設立。ドイツの経験に習い、市民による測定所の設立に向けて資金を集め、7月17日に福島市で「市民放射能検査所」を開所するなど、福島とその周囲の宮城、茨城、千葉などの汚染地の子供達を守るために活動している。



プログラム(予定)
 *オープニング ビデオ上映
 *黒部信一先生のお話会
 *原発避難者のお話


日時/11月6日(日)

13:30〜16:30


会場/国分寺労政会館B

JR中央線「国分寺駅」南口下車 徒歩5分

国分寺労政会館

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sosiki/roseikaikan/kokubunji.html

資料代/500円

主催/ガウスネット(電磁波問題全国ネットワーク)
   つながろう!放射能から避難したママネット@東京
問い合わせ
 mailhinan_mamanet_tokyo@yahoo.co.jp増子(ましこ)