ES Network電磁波過敏症ネットワーク

ノルウェーの「Dagbladet」紙2002年3月9日の第1面のニュースから 

WHOの長官で前ノルウェー首相も電磁波過敏症 携帯電話の近くにくると頭痛が

彼女は、具合が悪いと感じるのを止めるために彼女の4メートル以内の人々が携帯電話をオフにしなければならないほど電磁波に対して敏感である状態になった。電話がオンにされているだけで、使用していなくても頭痛を引き起こした。
 彼女は、携帯電話を決して持っていなかった、しかし、同僚は、持っていて、彼女は、それらの電話をしばしば受け取ったものだった。「初めに、私の耳の周辺のエリアは、暖かくなった。しかし、更に強くなって、苦痛は、更にひどくなり、そして、私は、携帯電話を使うたびに、頭痛が始まった」とグロハルレム言う。彼女は、電話で彼女が費やす時間を減らすことによって苦痛を避けるだろう、と考えた。しかし、それは、役立たなかった。私は、いくらかのテストを行った:人々は、彼らのポケット、または、バッグにそれらの携帯電話を隠した状態にして私のオフィスにいた。電話がかかっていたかもしくは、かかっていなかったかどうかを知らせずに、私の反応をテストした。電話がかかっていたとき、私は、常に反応し、オフのときは反応しなかった。従ってこれは疑いない。彼女が電磁波から得る頭痛は被曝が止まった後で30分〜 1時間以内に消える。DECTコードレス電話 ( 携帯電話と同程度のマイクロ波を出す ) に彼女が触ると即時に反応する。
グロハルレム・ブルントラントは、言う、我々は慎重である理由があり、必要性よりも携帯電話を使用しない、と思う。 そして若いあなたがたは更に多くの理由で、このことを深刻に受け止めて、予防原則に従うべきである。何人かの人々は、携帯電話やパソコンのような設備から電気過敏症 ( ES ) を発症する。グロハルレム・ブルントラントが画面を読みとろうとラップトップパソコンに触れるとき「私は自分の腕を経て感電するように思う」と言う。この電磁波過敏症が癌や他の病気のような健康への悪影響につながるかどうかはまだわからない。しかし、それは、ますます電気に汚染された世界で非常に効率化されたライフスタイルにおいては確かにありうることである。