がうす通信

年6回、偶数月に発行しお送りしている『がうす通信』の一部を紹介します。

 『がうす通信』のバックナンバーの一部です。がうす通信の購読はこちら

2009| 2008| 2007| 2006| 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001| 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996 | 1995 | 1994 | 1993 |


2004年   

NO.発行日 内容
第70号
(2004/12/8)
  • 【スウエーデン】カロリンスカ研究所報告 携帯を10年以上使用で聴神経腫瘍が増加
  • 【米】NBCテレビでマイクロウエーブニューススレシン氏とスチュワート博士対談
  • 【WHO】電磁波過敏症について国際セミナー、プラハで開催 「400人の経験」証言
  • 【ドイツ】パルス電磁場で認識能力への障害 報告
  • 【アイルランド】医師団体 子どもの携帯使用禁止を求める
  • 【英】高圧線下で子どものがんのリスクが2倍 オックスフォード大学
  • 【日野】高幡変電所工事強行 住民ら抗議
  •      三師会(医師会など)が東電に抗議文
  • 【愛知】春日井市のドコモ基地局計画中止に
  • 【神奈川県】葉山町の小学校敷地の鉄塔撤去に−町とボーダフォンが和解
  • 【九州・裁判】ドコモ側証人野島教授 世界の著名な論文をことごとく否定
  •         野島教授への反対尋問3時間 尋問継続が認められた。
  • 運転中携帯 ハンズフリーも危険、専門家警鐘
  • 電車内で携帯「迷惑」49% 「小声ならよい」は3割
  • 環境省が「環境政策における予防的方策・予防原則のあり方に関する研究会報告書」をまとめる
  • 企業の社会的責任と電磁波問題の情報開示 小林一朗
  • 使用済み携帯電話は有害廃棄物
  • 『うわさの科学』と電磁波とネッシー  懸樋 哲夫
NO.発行日 内容
第69号
(2004/10/10)
  • 【スウエーデン】FM電波で皮膚がん増加「原因は紫外線だけではない」カロリンスカ研究所
  • 【メキシコ】ダウン症児の白血病と電磁場の関連性 小児白血病の国際会議で報告
  • アトピー性皮膚炎が携帯電話の電磁波で悪化 京都宇治武田病院木俣医師が報告
  • 英】 保守党総選挙公約 基地局問題で居住者へ配慮
  • 【韓国】AMラジオの送信塔に発ガンの可能性
  • 【広島】景観論争の結論 KDDIがアンテナ2基を撤去へ
  • 【福島】いわき市 ドコモ基地局鉄塔撤去
  • 【群馬】いまだ「5万ミリガウスで問題ない」と東電
  • 【島根】出雲市長へ携帯電話基地局鉄塔撤去を陳情
  • 【鳥取】住民団体・小児科医16人が建設反対要望 小学校隣の中国電力変電所建設問題
  • 電車内携帯電話問題】名古屋市交通局 市営地下鉄のホームを「圏外」に
  • 阪急電鉄では先頭と最後尾の車両を電源オフ
  • 関東の鉄道各社へ電車内のケータイ電話問題で質問状
  • [ICタグ事情]東都生協などがICタグを採用へ。 子どもの登下校 ICタグ「お守り」
NO.発行日 内容
第68号
(2004/8/15)
NO.発行日 内容
第67号
(2004/6/7)
NO.発行日 内容
第66号
(2004/4/12)
  • 【沖縄】NHK電波塔・会館建設に抗議 総務省の計算結果とNHKの説明にくい違い                      電波塔を考える会 岡本祐子
  • 【練馬区】ドコモ 居住者との話し合い拒否し工事強行   アプローズ大泉学園 
  • 【フランス】基地局の近隣は吐き気、頭痛、うつ傾向、睡眠障害・・を起こす 国立応用科学院の調査研究
  • 【アメリカ】電磁波と乳がん、ラットの血統による有意差 米キャンサーリサーチ報告
  • 【イギリス】携帯電話基地局 反対運動が拡大、鳩を惑わすケータイ基地局
  • 【日野市】高幡不動変電所計画で東電「説明」できず
  • 【熊本】水俣市議会で基地局鉄塔移設を要求
  • 【福岡】三潴裁判第8回口頭弁論で荻野博士証言
  • [携帯電話基地局建設計画中止事例 2004年]川崎市宮前区、川崎市麻生区、福岡県大野城市牛頸、平塚市菫台、奈良県北葛城郡広陵町馬見、
  • 【電磁波プロジェクト】総務省あて情報開示請求に基地局の位置は黒塗り 不服申し立て
  • 「携帯電話子どもに必要ない」鹿児島県PTA連がアピール
  • ケータイ持ち込み、高校の7割容認 26道府県
  • 「携帯電話で緊急連絡情報」 世田谷区で小学校の保護者に
  • 講演会「デジタル時代の新たな電磁波問題」講演:有泉均さん
  • スケジュール】 ガウスネット全国大会in練馬6月19日(土)午前10:30〜午後5:00
NO.発行日  内容
第65号
(2004/2/12)
  • 【ドイツ】テレビ放送で『電磁波スモッグ』<あるリズムでの電磁波照射で染色体が破損>
  • 【愛知】碧南火力27.5万V線建設計画中止に! 中部電力 用地買収進まず断念
  • 【長野】裁判、北御牧村で「高圧線の撤去を」
  • 【熊本】楡木から「裁判所に提出する『電磁波過敏症診断書』協力のお願い」
  • 【静岡】国交省、住民代表ら「協議会」で討論 安倍川河川敷内の鉄塔建設で
  • 「骨伝導携帯電話は危険!」有泉さんコメント
  • 携帯電磁波の影響で、健康被害と奇形植物が発生? VOC−電磁波対策研究会 加藤やすこ
  • 【デンマーク】自治体が3D携帯基地局を拒否 健康局も「学校近くには建設すべきではない」
  • 【イギリス】2つの基地局撤去 鉄塔打ちこわし語も反対住民の勢い続く
  • [シンポジウム]「デジタルテレビ放送は破綻が確実」
  • 大学の授業で「携帯電話政策論争」『市民科学研究室』プログラムのワークショップ 藪玲子
  • 短信:最も嫌いな発明品は携帯電話 米アンケート
  •     運転中の携帯電話使用に罰金  警察庁
  •     野菜にICタグ スーパーで実験
  • 歩きながら携帯は背中を痛める
  • 【ガウスネット】今年の『全国大会』は練馬で